評価されないTales of シリーズ

Wiiで昨年発売されたテイルズ オブ グレイセス がPS3にリメイクされたり、
PS3での15周年記念作として新作がでると発表され、勢いにのるテイルズシリーズ。
昨日、ふとテイルズの話になり、
アビスから始まってエターニア、ファンタジア、
デスティニー、シンフォニア、リバースと話をしていく中で、

某Aさん:テイルズはレジェンディアからクソゲーを生み出し始めた

=レジェンディアはクソゲー認定となる。

自分も発売日にこのソフトを何故張り切って購入したのだろうと、
今でさえ疑心暗鬼になりますが、全体を通すと、やはり糞ゲーの部類である。
音楽は、ヴァイオリンやフルートなどの機械音とは違う音色が非常に心地よく聞こえ、
テイルズオブシリーズの中でラストダンジョンの音楽の中では1,2を争うと思います。
ただ、

「異常に長い・・・・」

これは、ストーリーとキャラシナリオの2部構成が原因かと思われますが、
サブクエをほとんどすっ飛ばしても、クリアに70時間余裕で掛る上、
1回クリアしたダンジョンを、もう1度進めないといけない上に、
「遠足は帰るまで」を言わしめんばかりに、
一々戻らないといけません。
キャラは通常シリーズに比べると若干薄いですし、
「こいつ、かっこいい」という気持ちに誰もなりませんでした
強いて言うなら、【クロエ】ぐらいかなぁ、って感じです。
そもそも、回復役がの時点で無かったかも・・・。

戦闘は、やはり格闘系のスタッフメインで作っているからか、
やたら投げ技を前面にもってくる感じがありました。
そもそも、モーゼスの、あの投げやりのダサさも神ってましたが・・・
秘奥義カットインなし!
これには、流石に萎えましたorz

とりあえず、この音楽Videoだけ捧げます。曲自体は素晴らしいと思います^^
流れる映像はレジェンディア全体の流れを通してあるのでどうぞ



この映像の中に、声は聞こえないですが、
機動戦士ガンダムSEED DESTINY で大活躍された
シン・アスカ役の声優さん(鈴村健一)が、
作品は違うのに、今度はTOLの主人公となって同じキャラの名前を叫ぶので、
そこは必見です

あと、同じく評判のあまり良くないテンペストは
テイルズオブシリーズではないのでご了承を。

で、ポケモンまだかな~
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。